ヨットスクールに寄せられる問い合わせなどをまとめてみました。
どうして非行・不登校・ひきこもりが改善されるのか、なども紹介しています。
   
 

Q1 戸塚ヨットスクールは今でもやっているのですか?
   もちろんやっています。マスコミは報道しませんが…。

Q2 どんなことをしているのですか?

   従来通りです。大自然の中で「基礎精神力を養う」トレーニングを行っています。

Q3 もともとどんな所なのですか?
   当初は、オリンピック級のヨットマンを育てるためのジュニアヨットスクールとして
   スタートしました。
   たまたま登校拒否の子がまぎれこんできて、その子が良くなったので、
   情緒障害児の更正施設として有名になってしまいました。
   しかし、ヨットを通じて、人間性を進歩・向上させるという意味で、
   昔から何ら変わりません。
   平成14年3月29日より、いわゆる"戸塚ヨットスクール事件"で最高裁の
   上告が棄却されたため、(詳しくはQ&Aのパート3
   戸塚校長と2名のコーチが獄中にあります。
   しかし、スクールは他のコーチや卒業生により、今までと変わらず訓練を
   続けています。

Q4 具体的に毎日どんな生活をしているの?  
   7時に起床し、基礎体力をつけるために体操・ヨガをおこないます。
   その後朝食を取り、掃除します。
   そして、9時から訓練開始! 昼食などを間にはさみますが、
   約16時頃まで訓練します。その後しばしの自由時間を持ち、
   18時夕食、自由時間を経て、22時に消灯といった流れとなります。
   ※毎週月曜日は休日です。

Q5 場所はどこ?
   愛知県知多半島の美浜町です。
   名古屋駅からは名鉄・特急で約40分。終点の河和駅から徒歩3分の所に、
   海を望む3階立ての白いビルがあります。

Q6 今、何人の訓練生がいますか?

   約10名です。以前のように何十名も受け入れることはせず、
   少人数でやっています。

Q7 訓練期間は?
   いろいろです。
   たとえば、----中2から登校拒否が始まり、高1で中退、その後ずっと家で
   ブラブラしている。児童相談所やカウンセラーに相談したがラチがあかず、
   精神科にも行ったが、薬を飲んで良くなるどころか、かえってひどくなった。
   最近、物を壊したり、周りの者に暴力をふるったり、落ち込んだり、
   などの異常行動がひどい----こういうケースは、約1年間の合宿が必要です。

Q8 長すぎませんか?
   体罰を使えば期間を短縮できますが、今はそれができません。
   マスコミのおかげです。

Q9 何歳から参加できるのですか?

   年令制限はありません。
   4歳から80歳まで、本人の状態に応じて最適な訓練を行います。

Q10 通いはOKですか?
   登校拒否、家庭内暴力、非行などは、合宿が原則です。
   しかし、一般の訓練が目的なら、大阪から毎週末やってくる中学生、
   福岡から夜行バスに乗ってくる小学生、休日にふらっと来る社会人…、と
   色々です。

Q11 牢屋はあるの?

   そんなものありません。

Q12 費用はいくらですか?

   規定の入校費と、毎月の生活費のみとなります。詳しくは、お電話か
   電子メールで相談してください。 入校案内

Q13 毎日ヨットに乗るのですか?
   今はウインドサーフィンですが、毎日海に出ます。強風、微風、雨、夏、冬…、
   自然の条件がさまざまに変化するなかで常に進歩するためです。
   天候の急変が予想される時や15m以上の強風が吹く時などは別です。

Q14 どうしてヨットで登校拒否が治るのですか?
   脳の働きが正常化するからです。
   現代人は、皆、脳幹と呼ばれる脳の原始的な部分が
   弱くなっています。そこをヨットやウインドサーフィンのトレーニングで強化すると、
   ホルモン分泌や免疫機能などが正常に働いてバランスを取り戻すようになります。
   その結果、感情が安定し、学校へ行けるようになるのです。
   つまり、もともと本人が持っていた能力(脳力)を発揮できるようにするだけなので、
    「治す」とは言わず「直す」と言います。

   重要なのは、弱くなった機能を強くするのは(原理的に)トレーニング以外にない
   ということです。
   精神的な諸活動も生理的機能に基礎づけられているのですから、精神的弱さも
   トレーニングで強くする以外に方法がないのです。

   まず肉体を強くし、それを土台に精神を強くし、両者の相互作用で技術を高め、
   そういう過程を繰り返すことで人間性を向上させ、さらに集団の中で社会性を培う、
   という順序で子供を進歩させるわけです。

   教師、学者、評論家は、ああでもないこうでもないと批判ばかりしますが、彼らに
   科学的な理論や方法論はありません。
   カタカナの知識を並べ立てるばかりで何も実践できず、自ら理論を作る能力も
   ありません。
   何しろ「うちの子を内緒で預かってくれ」と言ってくるくらいですから。

Q15 戸塚校長ってどういう人ですか?

   太平洋単独横断レースで世界記録を樹立した超一流のヨットマンです。
   体力、知力、精神力が抜群の人物です。

Q16 コーチはどういう人達ですか?

   コーチ達も、ほとんどが太平洋横断経験のあるヨットマンです。
   かつての事件の時散々に言われましたが、自分に何の得もないのに子ども達を
   立ち直らせようと、必死になるタイプの人ばかりです。
   実物が見たければ、戸塚ヨットスクールに見学に行ってみて下さい。
   事前の予約さえあれば、いつでも見学可能です。

Q17 体罰はあるのですか?

   使いたいのですがなかなか使えません。
   もっとも体罰は早く直すのための補助手段にすぎませんから、
   使わなくても成果はでます。

Q18 子どもに体罰は必要ですか?
   良いも悪いもありません。
   体罰無しで本当の教育やしつけができるなら、まずやって見せて下さい。
   戸塚ヨットスクール事件が起きてから19年が経ちました。
   当時、「体罰は何が何でも絶対ダメ」と言っていた教育評論家達は、
   教育荒廃を克服するためにいったいどんな方策を打ち出したのですか。
   また、戸塚ヨットを散々に罵倒した精神科医達は、登校拒否問題を
   どう解決したというのでしょう。
   事は日本の存亡に関わる問題だというのに、
   皆さん、ちょっと不真面目なんじゃあないですか。

Q19 どうしたらいじめを無くせますか?
   いじめを無くしてはいけません。
   いじめは、種族保存のために、仲間を進歩させようとする本能だからです。
   今のいじめ問題は、「いじめ方」が悪いということにあるのです。
   信号無視の車が悪いからといって、信号そのものを無くしてはならないように、
   いじめ方が悪いからといって、いじめそのものを撲滅せよ、というのは間違いです。

Q20 子どもの意見は尊重すべきですか?
   尊重すべき意見を言えるように、修行させるべき時期にいるのが子どもです。

 
   
 
 BACK HOMENEXT Q&A
   
   
企画・製作 <戸塚ヨットスクール>
copyrights 2004 Totsuka Yacht School